2019年01月17日

お財布の持ち主が見つかりました~交番や持ち主とのその後のやり取り~

こんばんは。
いつもご拝読ありがとうございます。いつも感謝しております。
前回、お財布を拾った時の手続きの話、落とし物にまつわる運や転機のお話をしました。
落とし主が見つかったのでその後どのようなやり取りがあったかなどお伝えしたいと思います。
まずは警察署から電話があり、ご本人のご家族からも電話を頂きました。
出かけていたので両方出られず、警察署の方がご本人にほんわか知恵袋の電話番号を伝えてしまいました。
ツイッターでも話題になっていたのですが、このご時世で一体何を考えて電話番号を勝手に教えるのかと驚きました。
警察署の連絡用に教えたと思わないのだろうか。
相手の人が悪い方でなかったので良かったものの、男女の場合、一目会いたいと言われ、困る方が多いそうです。
女性の場合は怖いと思う方が多いと思います。
こちらからご家族にかけ直したところ、持ち主の方はお体が不自由なため、落としたことに気づかなかったとのことでした。
金額もピッタリでとても感謝されました。
「お礼がしたいので、何が良いでしょうか。」と言って頂いたのですが、家族に福祉従事者がおり、ご家族の大変さを良く知っていたのでお気持ちだけで十分ですとお伝えしました。
落とし物とは不思議なもので自分と同じレベルの方と出会うようになっています。
行いが悪いと、落とし物を拾っても汚物が入っていたり、お財布を拾っても盗んだのではないかと疑われたりと恐ろしいことが起こります。
一方で、行いが良いと金額に関係なく、感謝されます。
いろんな素晴らしいお話聞きますよ。
落とし物に出会ったときに、あなたのレベルがわかります。
感謝されるような人間でありたいですね。
ものには他人にはわからないストーリーが詰まっています。
そのストーリーを考えるとどんなものでも届けたくなってしまうものです。
他人にはなんでもなくても大切なものは沢山あります。
それがわかる方が沢山増えますように。
いかがでしたか。役に立った、いいなと思って頂けたら、いいね&ソーシャルボタンを押して頂けると励みになります。ありがとうございました。ご相談・ご質問・コメントお待ちしております。
posted by ほんわか at 17:33| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 infoQ新規会員登録
人気記事